シェムリアップ(アンコールワット)ホテル紹介|アンコール旅行専門店【ワールドエアープラン】

ベトナムカンボジアの専門店
ベトナム・アンコールワット専門店
ベトナム・アンコールワット専門店

【シェムリアップ市内エリア紹介】

・シェムリアップ市内はまだまだ発展途上中で町には遺跡以外の観光スポットがなく、非常に閑散とした雰囲気があります。夜になると外出する人も減り、観光客の皆様も行くところがなく、ホテル内で静かに過ごすといった方々が多いようです。せっかくのご旅行ですから思う存分ご滞在を満喫するためにも、お泊りされるエリアがどのような場所なのかをあらかじめ把握しておくと宜しいかと思います。当社では下記の4つのエリアに分けて考えてみました。ご旅行のプランニングの際にお役立てください。

アンコールワットホテル選びのポイント

アンコール遺跡の観光は、郊外遺跡に行く場合を除いて、お昼休み(2時間程度の休憩)が必ずあります。
昼の暑い時間は、ホテルに戻ってシャワーを浴びたり・休んだりします。
お昼休みを充実させるホテル選びのポイントは、

1.jpg夕方2回目のベットメイキングがあるホテルを選ぼう  アイコンbed1.jpg

お昼休みにシャワーを浴びたり・お昼寝したりして過ごしたお部屋をきれいにしてもらおう。

2.jpgバスルームにシャワーブースのあるホテルを選ぼう  アイコンshower1.jpg

充実したお昼休みを過ごすため、すばやくシャワーを浴びるためにバスタブのほかにシャワーブースがあると便利。

3.jpg大きなプールやスパ施設のあるホテルをを選ぼう

お昼休みにプールで泳いだり・スパでマッサージを受けてリフレッシュして午後の観光に備えよう。

オールドマーケット周辺

・市民の台所であるオールドマーケット周辺にできた一番ホットなスポットの” バー・ストリート ”はこのエリアにある。女性一人でも食事やショッピングなど気軽に楽しむことができる。一瞬カンボジアらしさを感じられない異国情緒もあるが待ちに待ったナイトスポットでもある。現地人や観光客で夜はいっそうな賑わいをみせる。

シヴォダ通り沿い

・空港から続くメイン道路の国道6号とクロスするように走り、警察・消防署・病院など市民生活の中心的道路で遺跡、オールドマーケット、レストラン、ショッピングなど何処へ行くにも最適なエリア。★★★★~★★★★★レベルのホテルも多く、初めての滞在にはこのエリアが一番です。

国道6号線沿い

・空港から直結するメイン道路で最近やっと舗装されてきた。たくさんのホテルが連なるように道路沿いに建っており、ほとんどのツアーがこのエリアのホテルから手配される。遺跡までも遠く、レストランなどのお店もそれほど多くないので、★★~★★★レベルのホテル利用の方は少し不便かもしれません・・・。

市内北側 遺跡近く

・アンコール遺跡の入場ゲートへつづくポコンボー通り沿いで最も遺跡へ近いエリア。そうは言っても歩いて行くことはできず、逆に中心地から少し離れているので正直少し不便なエリアかも。メリディアンとソフィテルの2大最高級ホテルで優雅に過ごされる方向け。通り沿いにはお土産屋も多いので観光ついでに寄ってみたい。


より大きな地図で  シェムリアップ ホテルマップ を表示


グレードアップ方法と注意事項

■ この一覧表は弊社ホテルランク 上記<基本ホテルクラス エコノミークラス> からの差額追加料金となっております。ご希望ホテルへはお手配されているホテルとの差額分を増減してください。
■ ご出発の14日前まで受付致します。但し、ご希望のホテルがご用意できない場合もございますので予めご了承の程お願い致します。14日前を切った場合の変更は現在お手配しているホテルに対して取消料が発生します。
  また現地事情により取消料の規約が変わっている時期などもございますのでその際はご依頼時にご案内致します。
■ 2~3名で1室利用時の1泊お一人様あたりの追加料金となります。(注意:1名1室利用の場合は倍額となります。)
■ レイトチェックアウト付きのツアーの場合、レイトチェックアウト分として掲載料金の半額が必要となります。


シェムリアップエコノミークラス

ドンコイ地区スタンダード他の旅行会社でも安いツアーなどでよく使っているクラス。経済的なホテルにも関わらず設備・セキュリティに関しては問題ないレベルで遺跡リピーターの常宿になっている。しかしこれは全クラス全ホテルに言える事だがお国柄で水廻りが弱く、このクラスは特にそれを感じることがある。また料金的な面からやや立地面で不便さを感じるホテルもあるのでこのクラスに少しでも不安がある方はランクアップをオススメします。


【エコノミークラス】
ダラレンセイ
マザーホームブティック
モニカ
クレアモント
エコノミークラス内ホテルのホテル指定はお1人様1泊¥500でうけたまわります。   

ホテルアップグレード料金   (2017年10月~2018年3月)

<スタンダードクラス>★★★レベル

決してパーフェクトとは言い切れないクラスだが、それなりに場所・設備・サービス面が標準的なので初めて訪れる方はこのクラスからを選択して欲しいところ・・・。新しいホテルやロケーションのいいホテルなど同じスタンダードクラスの中でも特徴のあるホテルをリストアップ

reco_hotel.jpg

この内容でこの価格!モスト・コストパフォーマンスホテル

ソマデヴィ・アンコール

shower1.jpg
(エリア:シヴォダ通り)
シェムリアップのメインシヴォダ通りに建つ4星ホテル。オールドマーケットまでも徒歩圏。このクラスでは珍しくバスルームとシャワーブースが分かれているのがうれしい。充実した朝食と大きなプールが人気ホテル。

Room(450x300).jpg

お部屋タイプ(追加料金)

スーペリア  \2,000
デラックス  \3,000

ホテルよりの特典

↓↓ホテル人気ランキング第1位↓↓

アンコールホリデー

(エリア:シヴォダ通り)
国道6号線とシヴォダ通りの角に建ち、観光にもショッピングにも便利。館内にはレストランやバーのほか、スパやサウナもあり、中庭のプールは客室棟に囲まれ、町の喧騒を忘れさせる。客室の設備も充分。

holiday.jpg

お部屋タイプ

スーペリアルーム \1,000
デラックスルーム \2,500
エグゼクティブスイート \6,500

ホテルよりの特典


↓↓ホテル人気ランキング第3位↓↓

ストゥシェムリアップ

(エリア:オールドマーケット周辺)
オールドマーケットまで徒歩1分。06年10月に新館もNEWオープン!バス・トイレも綺麗です。“バー・ストリート”に出かけるには、最高の立地です。

steung.jpg

お部屋タイプ

スーペリアルーム \1,500
デラックスルーム \2,500

タ・プロム

(エリア:オールドマーケット周辺)
オールドマーケットまで徒歩1分。ベランダがアクセントになった近代的な建物。ロビーはエレガントな木彫りの壁が美しい。全室バスタブ付きの客室は広々としてクラシカルな空間。

43room.jpg

お部屋タイプ

部屋指定なし\1,000

ホテルよりの特典

<スーペリアクラス>★★★★レベル

★★★★4ツ星クラス。すべてにおいて無難なホテルで、お部屋の規模、レストラン、プールなど何不自由なく滞在できます。若い女性同士の旅行でも充分両親を説得できるレベル。バスルームのアメニティ・ドライヤー・インターネットなど客室の設備も充実している。少し予算に余裕のある方は是非、このクラスへ!弊社オススメのクラスです!!

↓↓ホテル人気ランキング第2位↓↓

タラ・アンコール

bed1.jpg
(エリア:市内北側)
07年末に新規オープン!いい意味でカンボジアらしからぬ風貌はデラックスホテルと錯覚するほどのオシャレなデザイナーズホテルです。ベットが3台入ったトリプルルームは3名様でご参加の方々にオススメです!!

Superior Room (Triple).jpg

お部屋タイプ

スーペリアルーム \3,000
デラックスルーム \4,000
エグゼクティブスイート \8,500

ホテルよりの特典


プリンス・ドゥ・アンコール

shower1.jpg
(エリア:シヴォダ通り)
シヴォダ通り沿いで町の中心地に建ち、デラックスクラスと言っていいホテル。プール、ジム、サウナ、スパ、バーなどの施設が充実。客室は広めで、全室にバスタブ完備。日本人スタッフも駐在しています。

princedangkor.jpg

お部屋タイプ

スーペリアルーム \5,500
デラックスルーム \7,000
ジュニアスイート \18,000

ホテルよりの特典


<デラックスクラス>★★★★★レベル

★★★★★5ツ星クラス。設備、サ?ビスともに常に人気でどのガイドブックにも大きく写真で掲載されているアンコール市内の代表的なホテル。遺跡リゾートホテルとしてホテルライフも重点に考えている方は宿泊必然です。このクラスからはホテル従業員の態度もガラっと変わり何かつい頼みたくなるような接客応対が安心感を与えてくれます・・・。せっかくのご旅行ですからやっぱりこのクラスがなんと言っても一番です!!

↓↓5星ホテル人気ランキング第1位↓↓

ビクトリア・アンコール

bed1.jpg
(エリア:市内北側)
クメールの伝統的な建築様式をベースに館内はアーティスティックな造りで木々の緑と静寂さが見事に調和したリラックスできる空間を造り出している。本格フランチやスパなど、どれも人気があります。

victoria.jpg

お部屋タイプ

スーペリアルーム \10,000
デラックスルーム \12,000
コロニアルスイート \34,000

ホテルよりの特典

アンコール・センチュリー

bed1.jpg
century.jpg(エリア:国道6号沿い)
05年に全室改装してデラックスクラスにリニューアル!大きなプールやハイレベルな施術の『センチュリースパ』などの設備が特徴。館内ではアプサラダンスディナーショーも催される。日本人スタッフ駐在

お部屋タイプ

スーペリアルーム \2,500
デラックスルーム \4,500
エグゼクティブスイート \13,000

ホテルよりの特典

ソフィテル・アンコール・ポキットラー

bed1.jpgshower1.jpg
(エリア:市内北側)
広大な敷地にはゴルフ場もオープン。ロビー・レストラン・客室棟と分かれて建ちリゾート感が溢れている。7つの飲食施設など超有名な『アンコール・スパ』はこのホテルに有り予約が大変困難。

sofitel.jpg

お部屋タイプ

スーペリアルーム \13,500
ラグジュアリールーム \16,800

アンコールヴィレッジリゾート

villge.jpg(エリア:市内北側)
広い敷地内にコテージが点在しており、まさにひとつの村のようだ。自然を感じられるその空間はシンプルだがインテリアはハイセンスな造りになっている。
200m近くある流線型のプールがリゾートの雰囲気を醸し出す。
ホテルのコンセプトによりテレビがございません。

お部屋タイプ

パークビュー \14,500

アンコールパレス リゾート&スパ

bed1.jpg
place.jpg(エリア:国道6号沿い)
この広大な敷地と開放的な空間はまさに遺跡リゾートの代名詞的ホテル。お部屋からダイレクトでプールへアクセスできる”カバナルーム”がオススメ!『カヌーラ・ヘルス・スパ』など施設も充実している

お部屋タイプ

デラックスルーム \7,500
プレミアデラックス \10,000
スイート お問い合わせ

ホテルよりの特典(2泊以上)



ソカ・アンコール

bed1.jpg
sokha.jpg(エリア:シヴォダ通り)
05年秋に新規オープン!デラックスクラスでは最新のホテル。広いロビーから見えるプールが印象的でレストラン、スパなどの施設も充分。立地面も良し。

お部屋タイプ

シティビュー \6,000
プールビュー \10,500
クラブスイート \17,000

ホテルよりの特典(2泊以上)




ル・メリディアン・アンコール

bed1.jpg
meldian.jpg(エリア:市内北側)
遺跡に最も近い最高級リゾートホテル。近代的なデザインにうまくクメール様式を取り入れることでくつろぎの空間を造り出している。5つのレストラン・プール・ジム・有名スパなど、どれもパーフェクトです

お部屋タイプ

スーペリアルーム \12,000
デラックスルーム \14,500

ホテルよりの特典





シンタマーニ・クラブ

dela pex.jpg(エリア:市内中心部)
12年6月にリニューアルオープン!リニューアル後は39室と増室された隠れ家的なデザイナーズホテル。立地は市内中心部の便利なロケーション。室内は、モダンな雰囲気の中にアジアンテイストをちりばめたお洒落な作り。スパが地元の人々にも人気。

お部屋タイプ

スーペリアルーム \13,500
デラックスルーム \17,000

ホテルよりの特典




ラッフルズ・グランドホテル・ダンコール

bed1.jpg
raffles.jpg(エリア:市内北側)
1932年創業以来、伝統と格式を誇る市内最高級のホテル。世界中のVIPを迎え入れるその風格は凛とした空気を漂わせる。内装・調度品・施設などのサービスや充実度は他の群を抜く存在である。

お部屋タイプ

ステートルーム* \25,000
ランドマークルーム \30,000

*印は、3名1室不可







パークハイアット

dela pex.jpg(エリア:市内中心部)
シヴァタ通りに面し、パブストリートまで徒歩5分と抜群のロケーション。白壁のスタイリッシュな建物で、館内はアールデコ様式とクメール様式をブレンドした空間で上品かつモダンにまとめられている。お部屋はバスタブとお手洗い、シャワーブースが分かれており、全室DVDプレイヤーやコーヒーメーカー完備など他のホテルにはない設備が嬉しい

お部屋タイプ

パークルーム \20,000
*3名1室利用不可

ホテルよりの特典




お客様のこだわりをアレンジ
アンコールワット

hotel_arenge.jpg
rep_op.jpg
op_pri.jpg
sp_guide.jpg

other_iseki.jpg
5dai_side.jpg